審査委員長よりご挨拶

 

JOGA審査委員会

 

委員長 江尻宗一

 

 JOGA審査委員会では日本全国で開催される洋らん展や各種洋らんイベントでメダル審査会を実施しています。このメダル審査会は1973年に始まり,今日までにおよそ13000点あまりの優良花の認定をしてきています。

 

 メダル審査会は数多くある洋らんを花の大きさや、色彩、花弁の質、花の数などを元に点数をつけ、その花のレベルを競うものです。当初は交配種のレベルアップを目指して始められたメダル審査ですが、現在では数多くの原種も審査され、優秀な花が記録されています。

 

 メダル審査はアメリカやイギリスで行われている審査を元にした国際的な標準があり、JOGAのメダル審査も国際水準に沿ったものとして世界各国で認められている審査です。近年世界各国の審査データを統合し、世界レベルの審査データベースの開発も進められ、JOGAもその重要な役割を果たしています。

 

 メダル審査は洋らんの様々な要素が集約されたものでもあり、私達が自然に持っている、常の良いものを追い求め続ける気持ちが原点となっています。

 

 交配育種・品種改良を進める上では、常に新しいこれまでにない花の開発を競う場となり、趣味家や一般消費者の方々へ常により品質の高い洋らんをお届けする原点ともなっています。

 

 趣味で優秀花を蒐集される趣味家の方へは、花のレベルを知るための重要な要素も兼ね備え、JOGAメダル入賞花は質の高い花の蒐集の目安にもなっています。さらには栽培している花を審査にかけて頂くことにより、自分の栽培する花の世界的レベルを知ることも出来るシステムにもなっています。

 

 メダル審査で入賞をしますと、JOGAが毎年発行している入賞花集に掲載されるとともに、現在開発中のJOGA入賞花データベースへも掲載されます。またこのデータを世界規模のデータベースへも供給し、世界各国の蘭愛好家の方々に日本の優れた洋らんの花を紹介する役割も担っています。

 

 洋らんの審査会は月に数回、全国各地で開催されています。洋らんのシーズンである秋から春にかけては特に審査会の回数も多くなり、お住まいの近くで審査会が開かれることもあるかもしれません。特別大きな花が咲いたり、まったく見たこともない形や色彩の珍しい花が咲いたときはぜひ審査に出してみませんか?審査会の開催案内はJOGAのホームページで随時開催日程をお知らせしています。

 

 初めてで詳しいことを知りたいときはJOGAの事務所までお問い合わせいただければ、お近くのJOGA加盟洋らん園をご紹介し審査の詳しいご説明も出来ます。

 

 難しそうに見える洋らんのメダル審査ですが、花を見るポイントをちょっと教わるとまた新しい興味も湧いてくるはずです。洋らんの栽培と併せてメダル審査も楽しみながら洋らんの趣味を広げていただければと願っています。