1.ワシントン条約とは

Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora
(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)

 

自然のかけがえのない一部をなす野生動植物の一定の種が過度に国際取引に利用されることのないようこれらの種を保護することを目的とした条約です。(経済産業省HPより引用)

 

2.ワシントン条約で規制対象となっている洋ラン類と輸出入のルール

2009年8月27日改訂版
orchidCITES.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 119.4 KB
ワシントン条約によって規制されている洋らん類の輸入とネットオークションにおける購入に関してのお願いについてのファイル
JOGACITES.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 16.5 KB

3.輸入確認ラベル(黒ラベル)について

輸入確認ラベル(黒ラベル)とは

 当組合では、正規の輸入手続きを経て輸入された株に、JOGA輸入確認ラベルを発行しています。 これはワシントン条約を遵守し、推進する目的で実施している自主的な規制で、愛好家の皆様に等しく愛培、安心して各地の展示会や審査に出品いただくための取り組みです。

 輸入確認ラベルの対象となる種は、『ワシントン条約発効後に新発見された附属書Ⅰの原種と、この原種が直接関わった交配種』です。

 

【参考資料】 ワシントン条約 附属書Ⅰに掲載されている蘭科植物と、輸入確認ラベル対象種一覧表は下記PDFファイルを御覧下さい。

輸入確認ラベル(黒ラベル)対象種一覧   【お知らせ】対象種の見直しを行いました  (2016年12月)
ワシントン条約附属書Ⅰに掲載されている蘭科植物ならびに輸入確認ラベル対象種一覧表  (2016年11月1日)
黒ラベル一覧(2016-11版).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 85.4 KB

蘭とワシントン条約【関連記事】

※中国産パフィオペディルムの密輸報道について 2006年10月16日

中国産パフィオペディルムの密輸報道についてのファイル
Paphmedia200610.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 8.5 KB